余白珈琲について



神戸の小さな海町の坂の上、夫婦でコーヒー豆屋を営んでいます。実店舗はありません。毎日せっせと豆を焼き、遠くの人には郵送で、近くの人には歩いて届けています。

店名の「余白」とは、思い通りにならない物事のこと。決して塗ることのできない、厄介で面倒な部分のこと。そんな厄介な出来事は、悲しい気持ちや疲弊した空気、ため息を生みます。

でも、そんな「余白」には、思いがけない出逢いや、愉快な偶然が生まれることもあります。

ため息をついたのなら、コーヒーでも飲んで。どうせどうしようもないのなら、手の届かない範囲とは上手く折り合いをつけながら、手の届く範囲をひとつひとつ。

自分たちのコーヒーが、悩める誰かのもとに届き、ひと息をついたその誰かが、また別の誰かのために何かを果たす。

そんな素敵で、温かな連鎖が生まれますように。

ため息を、ほっとひと息に。





店主
1990年1月20日愛媛生まれ。2013年、焙煎機を買って、豆を焼き始める。

妻(工場長)
1988年12月4日大阪生まれ。コーヒーと落書き、ねこを愛する(しかし、猫アレルギー)。

わが家の家訓
『それはさておき、手足を動かし、なにはともあれ、今日も機嫌よく』


○焼きたての豆をお届けするため、ご注文をいただいてから順番に焼いています。焙煎日は、ご注文後にお知らせいたします。お届けまでに、2週間ほどかかる時期もございますが、愉しみにお待ちいただけると嬉しいです。


ご注文後すぐ、自動送信メールが送られます。届かない場合は、アドレスの誤入力やフィルター設定(auのアドレスに多いです)が原因ですので、ご確認の上、連絡ください。

お知らせ(HPへ)