『ペーパー余白』バックナンバー

『ペーパー余白』は、2020年から毎月発行している、ちょっとした読み物です(A4ぺら紙1枚)。毎月これをつくることがクセになってきて、なんだか愉快に続いています。役には立ちません。

▲コーヒー豆を届ける際に、最新号をオマケで同梱しています。最新号以外も、気まぐれで入れることがあります。珈琲時間のお供にどうぞ。

▲バックナンバーは、どれも1枚30円で販売しています。ご注文時の備考欄に、ご希望のナンバーをご記入くださいませ。内容は毎回様々なので、おもしろいかどうか、運だめしで選んでみてください。

(バックナンバー)
#1「遠くの近所」/2020年1月
#2「ちらしずし、にぎってナンボ、だとしても」/2020年2月
#3「食堂祖母」/2020年3月
#4「ATMは明石で」/2020年4月
#5「はっさくの味」/2020年5月
#6「時は金なり、待つ時は縁なり」/2020年6月
#7「トンカツを見逃すな」/2020年7月
#8「食券買うのとはワケが違います」/2020年8月
#9「熱帯夜と冬星」/2020年9月
#10「スター・ディスタンス」/2020年10月
#11「鍋焼きうどん」/2020年11月
#12「永遠の味」/2020年12月
#13「あの日のカレーライス」/2021年1月
#14「早春の焼きうどん」/2021年2月
#15「夜風の風味」/2021年3月
#16「ホームベーカリー」/2021年4月
#17「私のマリトッツォ」/2021年5月
#18「回文の愉しみ」/2021年6月
#19「まどろみ」/2021年7月
#20「木いちごケーキの夏」/2021年8月
#21「ある種の潔さ」/2021年9月
#22「メイキング」/2021年10月
#23「使いたかった言葉、使わなかった言葉」/2021年11月
#24「バンバンの研究」/2021年12月
#25「お決まりの」/2022年1月
#26「拾って、集めて」/2022年2月
#27「針を落とせば」/2022年3月
#28「フィクション」/2022年4月
#29「生活のほとり」/2022年5月
#30「ブルーのリュック」/2022年6月
#31「配達」/2022年7月
#32「しみったれ」/2022年8月
#33「Earth , Wind & Bird」/2022年9月
#34「大平原」/2022年10月
#35「あとがき」/2022年11月
new #36「おカモ見」/2022年12月

  • 30円(内税)